米沢の森から見たダイヤモンド富士

2014年3月17日
写真をクリックすると拡大します。
春の高気圧にすっぽり覆われ、春本番のぽかぽか陽気。気持ちの良い週のスタートになりました。
PM2.5の濃度は東京で48μg/m3と濃く、花粉も非常に多かったので、空は霞んでいました。

遠出には向かない日でしたが、去年のリベンジをしたかったので、市原の米沢の森へ行きました。
房総横断道路の原田交差点を左折して北上した先に入口があります。代表の方にお願いして、入口を開けて頂けば、広場からポイントまで数分で行けます。
いつもは2~3人でしたが、好天に誘われたのか、珍しく十名以上集まりました。

頭上には雲がありましたが、富士山の周辺は、濃い霞で様子が分かりませんでした。太陽が下りてくるのを待つしかありません。

いつの間にか頭上の雲も消え、太陽は霞の中で輝きを弱めながらも、順調に山頂へ近付いていきました。雲は無さそうです。
太陽に照らされたシルエットだけでしたが、見たことがなかったので、富士山の場所と高さが分かっただけでも、十分な成果です。

   

撮影場所

大きな地図で見る