山之尻から見たダイヤモンド富士

2019年5月5日
写真をクリックすると拡大します。
こどもの日は高気圧に覆われて、広く穏やかな天気。上空高い所の薄雲が広がりましたが、日差しが届いて初夏の陽気になりました。
朝から富士山は見えていましたが、山頂下に雲が棚引いていて、近くでは山頂を隠していました。

昼頃から雲が次第に厚みを増し、太陽が弱々しくなってきましたが、GPVでは夕方は薄くなりそうだったので、御殿場へ行ってみました。
GWの前半は天気が悪く、今日は人出が多くなり渋滞しそうなので、いつもの138号沿いのポイントは避けて、394号方面にしました。

高根学園横の田も水面は静かだったのですが、電線が気になるので、山之尻にしました。南側の家が風除けになって、多少風が吹いても漣は立ちません。残念ながら今年は桜が早かったので、八重桜はもう終わっていました。

途中松田では朝と同じように富士山が見えていましたが、足柄では雲が山頂を隠していました。御殿場駅では中腹に多少雲が残っていましたが、邪魔になりそうな雲は消えていました。

バスを降りる頃には手前の雲は無くなり、背後の薄雲だけでした。山頂付近の雲が上昇して離れると、下から新しい雲が昇ってきます。
ダイヤ時には雲がフィルターになり、撮り易いダイヤになりました。

撮影場所 スマホカメラ

撮影場所

360°パノラマ