山中湖IC北⇒二十曲峠上から見たはしごダイヤ

写真をクリックすると拡大します。
山中湖IC北
二十曲峠上
雨を降らせた低気圧は、北東へ移動して、久々に太陽が登場!お出かけ日和になりました。
積雪が増して、中腹まで濃い雪化粧になった富士山は、遠く松戸や館山でもクッキリ見えていました。

今日は富士パノラマライン(138号)の山中湖 IC北交差点です。スペースは広くありませんが、東富士五湖道路の山中湖 ICへ向かう道の先に富士山が見えます。

朝からずっと雲は無く、空気も乾燥していたし、富士山の近くで沈む時の仰角も大きいので、強烈な太陽光だけが心配でした。

雪の形も良く、素晴らしいダイヤがゲット出来ました。
ダイヤは狙い通りでしたが、残量30%あった電池が終わったら無くなっていたのは、想定外でした。

電池を交換しながら、二十数分後のダイヤを狙って二十曲峠上へ移動しました。
太陽は白山岳に沈むので、今日はまだ早いのにも係わらず、日曜日とあって、ツアーバスも来るほどの盛況ぶりで、二十曲峠は三脚がズラリと並んでいました。
列の後ろを失礼して、その先のポイントへ行きました。幸いこちらはまだまだスペースが空いていたので、間に入らせて頂きました。

太陽はほぼ中央へ沈んでいきましたが、突然「メモリーの空きスペースがありません。」の表示が出てストップ。慌てて古い方から40枚消して、撮影再開。ブラケットを止めて、残り0になりましたが、沈み終わるまで保たせることが出来ました。

  
2011年12月4日
 
 Google Earthで見た撮影場所の地図  
   
 

撮影場所-山中湖IC北

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る

撮影場所-二十曲峠上

大きな地図で見る