山口から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
南から高気圧に覆われ、広い範囲で穏やかな晴天。高気圧に覆われて空気が乾燥しているため、気温が上がっても風が爽やかな五月晴れになりました。
朝は富士山も三浦半島辺りまで見えていました。

忍野のパールから帰ってきてから、30分程しか昼寝できませんでしたが、昨日出掛けなかったので、今日は行くことにしました。ポイントはバス停から近く歩かなくて済む山口です。
目的のポイントは穏やかな水面でしたが、時々強い風が吹くと波立ちます。諦めてバス停近くの田に変更しました。

山頂付近の背後に多少雲が有りましたが、邪魔にならず、逆さ富士に沈んだ太陽もそれ程乱れず、良いダイヤになりました。


【 富士山の高さが変わる?? 】
震災後、国土地理院の GPSでの観測で、東京・永田町にある「日本水準原点」が 10cm程沈下した可能性があることが分かりました。事実なら 3776.24mの富士山は相対的に約 10cm高くなります。
水準原点は 1/10mmの精度が必要なため、GPSでは観測できません。三浦市・油壺験潮場を標高 0mとして、油壺から永田町まで道路沿いに水準点をたどって再測量するようです。
結果によっては富士山の高さが変わる可能性があります。

2011年5月19日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所(今日のポイント)

大きな地図で見る

360°パノラマ(マップのポイント)

大きな地図で見る