馬の背休憩所から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
低気圧や前線が通過中で朝は雨が残っていました。天気の回復が遅れたようで、雲が取れ始めたのは午後になってからでした。
昼間はまずまずの暖かさでしたが、夕方からは冷たい北風が吹き、春は一時御預け状態でした。

夕方の一層の天気回復を期待して出掛けることにしました。横浜辺りではまだ曇り空で、道路も濡れていて、無駄足になりそうでした。Uターンしようかとも思いましたが、チラッと見えた低い空が明るかったので、そのまま先へ行きました。
大船からバスに乗り、みどりが丘で降りると、数分で馬の背休憩所に着きます。瀬上市民の森の西端の遊歩道にあり、眺望はききますが、送電線が玉に瑕です。

着いた時には富士山は期待以上にクッキリ見えていました。雲も山頂の上まで上がっていて、文句なしの舞台が用意されていました。
雨上がりの澄んだ空でしたが、強い風に乗って黄砂が舞っていたようで、去年の春以来久しぶりの「二重光環」のダイヤモンド富士になりました。
眼下は住宅街で、街の灯りはそれ程明るくなりませんでしたが、空は良く焼けてくれました。

2012年3月24日 円海山周辺の市民の森
案内図
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る