鶴見川、鴨池大橋から見たダイヤモンド笠雲

写真をクリックすると拡大します。
東シナ海上に伸びた前線から大きな雲が流れ込んできて天気は下り坂。晴れるのは朝だけで、午前中から雲が広がるという予報でした。
が、東海上の高気圧が頑張っていたので雲の動きが緩やかになり、いつまで経っても晴れたまま、天気予報もその都度変更されました。

ギリギリまで様子を見て、16時過ぎに家を出ました。鴨居駅に着いた頃には、流石に上空に雲が広がっていましたが、西の低い空は明るかったので、鴨池大橋に向かいました。
線路沿いを中山方面へ数分、エレベーターで橋の上に上がれば、鶴見川を見下ろすポイントに着きます。

丹沢の上に雲が横たわっていて富士山は隠れていました。
雲は次第に下がって富士山が姿を現して来ましたが、頭の上には大きな笠を被っていました。
2年半振りのダイヤモンド笠雲です。

2011年2月27日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る