江戸川、筑波大付属聴覚特別支援学校下から見たダイヤモンド富士

2016年11月7日
写真をクリックすると拡大します。
今日は二十四節気の「立冬」。朝晩はグッと冷え込みました。高気圧圏内で青空が広り、穏やかな陽気になりましたが、上空の寒気の影響で、この時期らしい寒さでした。

春のリベンジに江戸川へ行きました。筑波大聴覚支援校の下です。ここは富士山の右裾は少し欠けますが、スカイツリーが下まで見えるので、お気に入りの場所です。ここでは右寄りなので、太陽を大きく山頂に乗せられます。

西の空はかなり霞んでいましたが、どうやら雲は無さそうでした。余程の不運に見舞われなければ、リベンジ出来そうです。

ダイヤが始まる前から、心眼で富士山か見えてきました。途中カメラのトラブルで、初めと終わりしか撮れませんでしたが、最後は右の稜線に光の球が連なった、珍しいビーズ状のダイヤになりました。

スカイツリーのライトアップを撮るため、暗くなるまで待ちました。富士山は肉眼では確認できませんでしたが、しっかり写っていました。


【ビーズ】

撮影場所