都夫良野茶畑から見たダイヤモンド富士

2014年3月28日
写真をクリックすると拡大します。
国土地理院は、全国の87山の標高を変更すると発表しました。「測量精度が高度化したこともあるが、東日本大震災も含めた100年間の地殻変動も影響している」そうで、1m高くなるのが48山、1m低くなるのが39山です。

低気圧は東に、前線は南に離れ、移動性高気圧に覆われました。日差しが届いて気温がグンと上昇。昼間は上着がなくても快適な、桜の開花を進める春の陽気になりました。
PM2.5の濃度は東京で39μg/m3と濃く、また、低気圧後面に流れ込む湿った空気により発生したウッスラと白く映る雲の影響で空は霞んでいました。

好天に誘われて山北へ行ってみました。
246号の新鞠子橋交差点を右折、更に鞠子橋の手前を右折し、嵐橋の先を右折して、都夫良野トンネルの南の道を進み、真楽寺の先のヘアピノを過ぎた辺りに茶畑が見えます。今日のポイントです。

こんな近くでも富士山は霞んでいましたが、邪魔な雲は無く、絶好のダイヤ日和です。
富士山の位置が高いので、縦長にして茶畑を入れてみました。

近いので霞んでいても太陽光は強く、また、よく見ると二重の光冠も出ています。

   

撮影場所

大きな地図で見る