相模川、戸沢橋から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝はグッと冷え込みましたが、昼間は日差しが届き、ポカポカ陽気に。再び春を感じられる穏やかな1日となりました。

午後は段々雲が増えて、夕方は曇りの予報でしたが、いつまで経っても青空が広がったままでしたので、相模川へ行ってみました。

車窓からも門沢橋駅でも西の空は雲が厚く、とてもダイヤの雰囲気ではありませんでした。諦めてUターンすることにしました。
橋本止まりの電車を見送って、八王子まで直通の電車を待ちました。電車が来たので、先頭車両に乗るためにホームの端へ行きました。
何と白い雲の前に、富士山が見えていました。まだ、間に合うのでポイントへ向かいました。

富士山は低い雲の上に顔を出し、太陽は背後の薄雲に負けずに近付いて来ました。
沈み終わる頃、山頂の左半分が隠れましたが、その前に運良くダイヤをゲット出来ました。
残った雲が焼けそうでしたが、富士山は待ってくれませんでした。

2013年3月15日

撮影場所

大きな地図で見る