鳥ノ胸山から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝起きたら 3℃、いよいよ冬の足音が聞こえてきました。
冬型の気圧配置で、パワフルな太陽が登場、抜けるような青空の日本晴れです。
朝冷え込んだせいか、横浜や都庁のカメラでも富士山はクッキリ見えていました。

道志道で最初に富士山が見える二里塚付近では右に雲はありましたが、綺麗に見えていました。雲の動きは速く、少し先の釜の前付近では、もう雲の中に隠れていました。

道の駅どうしで 413号と分かれ山道を進むと、グリーンロッジの先に登山口があります。途中階段状の急な登りが続き大変ですが、何とか 70分程で山頂に着きました。下りは半分の 35分です。

地吹雪か雲か山頂のラインはハッキリしませんが、雪化粧した富士山が目の前にデンと構えています。
澄んだ空気で太陽の光が強烈だったのに加え、絞りすぎたせいか、手持ちで太陽がレンズの中心からずれたせいか、ゴーストだらけの写真になってしまいました。
という失敗はありましたが、約半月振りのスッキリダイヤです。

2010年11月29日 ゴースト処理前 
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る