相模川、戸田の渡し跡から見たダイヤモンド富士

2014年3月16日
写真をクリックすると拡大します。
引き続き高気圧に覆われて、日差しタップリ。気温がグーンと上がって、昼間は春本番のポカポカ陽気でした。
日差しが暖かい分、花粉が飛びやすく、花粉シーズンの到来です。
朝、富士山は酒匂川辺りまでは見えていましたが、遠くからは霞んで見えませんでした。

夕方の予報があまり良くなかったので、今日も近場の相模川へ行ってみました。門沢橋駅から10分強の戸沢橋の少し下流、戸田の渡し跡です。相模川の左岸の堤防は手入れがされておらず、自然のままなので、木々が邪魔になるところが多く、ポイントは限られてしまいます。
紅梅が咲いていたので、それを入れて撮ることにしました。

西の空は黒い雲に覆われているように見えて、ダイヤは望めそうもありませんでしたが、先日の例もあるし、駅からも近いので、ポイントまで行ってみました。

雲の中へ入っても太陽は元気で、富士山も見えてきました。富士山の周りは背後の雲だけだったようで、適度な厚さにも助けられて、梅も綺麗に撮れました。

ダイヤ後は上に残った雲が焼けて、久しぶりに夕焼けが見られました。
また、ブルーモーメントまで、富士山もずっと見えていました。

   
案内板

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ