照ヶ崎海岸から見たダイヤモンド富士

2017年9月2日
写真をクリックすると拡大します。

ダイヤ前の雲
東京の8月は、27日も雨が観測され、日照時間は観測史上最短の83.7時間でした。雲が多くダイヤのチャンスは殆ど有りませんでした。
台風15号が本州から離れた東海上を通過。朝まで雨が降ったものの、段々と天気は回復。昼頃からは日差しが届き、過ごしやすい体感になりました。

午後になっても雲が多く、富士山は見えませんでしたが、夕方の好天を期待して、出かけることにしました。
大磯駅から十数分の照ヶ崎海岸です。関東の富士見百景で、今日も海岸と防波堤に分かれて、大勢の方が集まりました。
富士山は西湘バイパス越しの林の上です。

出る頃には上空にもかなり雲が残っていましたが、着いたときには青空が広がっていました。ただ残念なことに、富士山周辺は山頂の上まで雲に覆われていました。

太陽はその中に消えてしましましたが、山頂上に僅かの隙間が出来て、太陽が再び顔を出してくれました。
スッキリしたものではありませんが、久しぶりのダイヤをゲット出来ました。

撮影場所

撮影場所360°パノラマ