国立天文台裏から見たダイヤモンド富士

今朝も厳しい冷え込みで寒い日が続いています。良く晴れていましたが富士山が見えていたのは麻生区のカメラでも13時頃までで、15時頃京王片倉駅からも全く見えませんでした。

昨日は前日の雪が汚れを洗い流したせいか、一日中富士山が見えていました。ダイヤは都合が悪く撮れませんでしたが、ポイント探しには絶好の日でした。
バスで深大寺入口まで行き、御塔坂をスタートしてハケ道から武蔵野の森公園へ、帰りは調布飛行場から大沢総合グラウンドまで。何カ所かのポイントが確認できました。

今日はその中の国立天文台裏のハケ道に行きました。ここは国分寺崖線で目の前を野川が流れ、その向こうに調布飛行場が見えます。
長谷川病院の上辺りから第七中付近まで10名位の方が木の枝の邪魔にならない所で分散して撮影していました。

うっすらと見えていた富士山が次第にハッキリしてきて、雲もなく絶好のダイヤ日和でした。

2008年1月25日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所



大きな地図で見る