多摩川、立日橋付近から見たダイヤモンド影富士

写真をクリックすると拡大します。
朝は冷え込みましたが、昼頃までは暖かい日差しが降り注ぐ穏やかな晴天でした。午後になると寒気の影響で発生した雲が上層に広がりました。

今日は立日橋にしました。30分ほど前に芝崎体育館駅に着いたときには、白い雲の前に富士山が見えていました。最近は駅から根川綠道を通って土手に出ることが多いので、立日橋付近はは久しぶりです。それで日野橋付近まで様子を見に行ってみました。寄り道をしたせいでポイントに着いたのは数分前でした。

この間太陽も富士山もずっと見えていました。
カメラをセットし終わったときには、視力検査のつもりで目を凝らさないと輪郭が分からないほど弱々しい、太陽が欠け始め、僅かの間に富士山は山頂しか見えなくなっていました。変だなと思いながらもシャッターを切るしかありません。

太陽が沈んだのは富士山ではなく、雲に映った富士山の影でした。山頂付近だけのこんなにハッキリした影は滅多に見られません。山頂のすぐ上の雲は厚く太陽の完敗です。

   
2011年1月5日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る