多摩川、立日橋下から見たダイヤモンド笠雲

2018年1月6日
写真をクリックすると拡大します。
南岸低気圧は東に離れ、大陸から高気圧が移動してきて、冬型の気圧配置へ移行。スッキリと晴れて穏やかな空、真冬らしい寒さになりました。

午後になっても西の空は明るかったので、今日も多摩川へ出かけました。
送電線が架からないように、立日橋の真下から撮りました。土手のススキの先、日野駅北側のビル群の上に富士山が見えます。

八王子駅や中央線からは富士山がハッキリ見えていましたが、山頂に少し雲がかかっていました。
立日橋に着いたときには笠雲が大きくなっていました。残堀遊歩道脇から河原に降りて、立日橋の下に移動する僅かの間に、山頂上に雲が湧いてきました。

一旦消えた太陽が、雲の下から顔を出しましたが、その下の笠雲は頑固で、残念な結果に終わりました。

撮影場所

撮影場所