玉穂第4団地西から見たダイヤモンド富士

2016年5月24日
写真をクリックすると拡大します。
引き続き高気圧圏内でしたが、薄雲が広がり、日差しは遠慮気味に、雲越しに届きました。昼間は夏を思わせる体感で、練馬では2日連続の真夏日でした。

夕方の予報は良くありませんでしたが、行ってみないと分からないので、御殿場へ向かいました。

下曽我では矢倉岳も微かに見えるだけでしたが、相模金子では富士山が見えていました。駿河小山では雪までハッキリ見えました。

昨日ほどではありませんが、太陽も光っていたので、中畑辺りで様子を見ることにしました。
昨日の場所から林一つ越した隣の田です。東側の林に日差しが遮られるので、一部苗が植えられていません。静かな田ですが、アメンボが動くと小波が立ちます。

着いたときには山頂付近の雲は消え、背後の雲も宝永山の上まで昇ってきて、薄くなりました。期待以上です。
その後また、雲が濃くなってきましたが、フィルター変わりになる程度で、問題ありませんでした。

綺麗なヒツジ雲が焼けそうだったので、夕焼けを撮りに仁杉へ移動しました。が、黒い雲に変わってしまい、残念な結果に終わりました。

ダイヤ前の雲
仁杉の夕景

撮影場所