旧高松分校付近から見たダイヤモンド富士

2013年9月19日
写真をクリックすると拡大します。
今夜は中秋の名月。3年連続の満月ですが、毎回満月というわけではなくて、次の満月の中秋の名月は8年後まで見られません。

列島は広範囲で移動性高気圧に覆われ、雲のない秋晴れが続きました。朝晩は気温が下がりヒンヤリしましたが、昼間は爽やかな体感でした。ただ、太平洋側は高気圧の縁を周る湿った空気が流れ込み、雲が広がりやすいのが気がかりでした。

246号の旧道から尺理橋(ひさりばし)手前を右折して、青い安洞橋(やすぼらはし)を渡って、尺理川の右岸沿いに尺理林道を進みます。旧川村小学校高松分校の手前がポイントです。綺麗な山並みの上に富士山が見えます。

道中秦野辺りから霞んだ富士山が見え始めました。
着いたときには、多少霞んでいましたが、良く見えていました。中腹に棚引く雲が多少気になりました。

時間とともに雲が上昇してきて、一時は山頂を隠してしまいそうな勢いでした。その後一旦下がったものの、ダイヤ時刻近くになって再び上昇を始め心配しましたが、何とか山頂付近は残ってくれました。

撮影場所

大きな地図で見る