二の岡2号線から見た富士山

2007年7月5日
Google Earthで見た撮影場所の地図

6/16以来久しぶりに撮影に出かけました。梅雨の始めは南関東は晴天が続いたのに御殿場は雲が多く富士山の見えない日が続いていました。そのうちに本格的な梅雨空になり、その間に折り返し点を過ぎ、ダイヤモンド富士も後半に突入してしまいました。

今日は久しぶりの晴天でした。が、ライブカメラでも朝から雲に覆われていました‥…。昼少し前に短時間ですが山頂が見えたので、久しぶりに出かけてみることにしました。

少し早めに出かけて、15時頃松田に着くと上空は雲に覆われていましたが、富士山の頂上が見えていましたので、少し期待して御殿場に向かいました。途中駿河小山を過ぎた頃にはまた雲に覆われてしまい、足柄では再び顔を出し、御殿場に着いたときには雲の向こう。
富士山の手前に厚い雲があり、その後も5分間隔位で見えたり見えなかったりを繰り返していました。
運が良ければ久しぶりにダイオモンド富士が撮れるという状態が続いていました。

平和公園でバスを降り、平和公園に寄った後箱根やまなみ林道を歩いて平和公園の裏辺りまで行ってみました。展望が開けていて、ポイントとしてはここの方が良いようです。
今日は運が無かったようで、この頃には上空の雲は綺麗に無くなっていたのに、富士山の回りに雲がまとわりついて動かなくなっていました。

東山から再びバスに乗り長尾口で降りて、県道401を御殿場市の富士見十景に選定されている駿河台に向かいました。撮影は日にちが早かったのでポイントを少し過ぎた、富士仏舎利塔の見えるところにしました。

早めに切り上げて帰ろうとした時に雲が取れ始めて山頂が見えてきました。
帰りは温泉会館前から東名バスです。

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所



拡大地図を表示