江戸川、総武線鉄橋から見たダイヤモンド富士

2017年2月4日
写真をクリックすると拡大します。
冬型の気圧配置が緩んで、移動性高気圧に覆われ、青空が広がって、お出かけ日和になりました。気温も2桁まで上がり、春の気配を感じる「立春」になりました。

西の空に雲が広がってきましたが、明日は雨になりそうなので、出かけてみました。上空は良く晴れていたので、江戸川にしました。

今日のポイントは市川橋ですが、総武線鉄橋のトラスが邪魔で見えません。
鉄橋の脇に行ってみました。霞んで様子が分かりませんでしたが、ビルが富士山に重なりそうです。
鉄橋の下からは何とか見えそうです。出来るだけ後が良いのですが、あまり下がると鉄橋で上が窮屈になります。

中央線の車窓からは、低い空全体に雲が有り、富士山はその中でした。
待つ間に太陽は丸いまま下がっているので、雲は無さそうでした。
太陽の右下が欠け始めると、やっとシルエットが浮き出てきました。
送電線が余分ですが、期待通りのダイヤになりました。

撮影場所