昭和記念公園、浮游の庭から見たダイヤモンド富士

2014年12月22日
写真をクリックすると拡大します。
浮游の庭
今日は19年に1度の朔旦冬至(旧暦11月1日の冬至)、最も運の良い日で、ダイヤもゲット出来そうです。
今日が折返し日で、これから御殿場方面へ向かいます。

冬型の気圧配置が継続、真冬の寒さで週がスタート、日差しタップリの冬晴れの一日になりました。

久しぶりに昭和記念公園へ行きました。立川口、または、あけぼの口から入り、みどりの文化ゾーンにある、昭和天皇記念館の屋上庭園からです。
ここも人気の場所で、平日にもかかわらず、大勢の方が集まりました。

富士山はずっと見えていましたので、寒い北風の中で、待つだけでした。
遮るもののない、強烈な光でしたが、スッキリしたダイヤがゲット出来ました。

このゾーンは、16時半閉園なので、茜色の空をみどり橋に移動して撮った後、カナールのWinter Vista Illmination 2014を見て帰りました。

みどり橋
カナール

(Winter Vista Illmination 2014)

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る