相模川、湘南銀河大橋から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
多少空気はヒンヤリしましたが、東に進む高気圧が日本列島を覆って、昼間は日差しがタップリ降り注ぎ、温もりを感じられました。
靖国神社の桜標本木が 5~6輪咲いたそうで、東京は桜の開花が宣言されました。平年並みで、去年より 6日遅いそうです。

今日は昨日のリベンジに相模川に行きました。
茅ヶ崎から寒川行きのバスで、神の倉または寒川工業団地入口で降りて、田端二本松または湘南銀河大橋東側の信号を左折すると正面が湘南銀河大橋です。
ファン型の斜張橋で、塔の高さは水面から 30mあります。
関東の富士見百景に選ばれていて、橋の左に富士山、右に丹沢が見えます。

着いた時には右の稜線と山頂は見えていて、リベンジ成功かと思われましたが、そんなに甘くはありません。下から湧いてきた雲が上昇して富士山全体が隠れてしまいました。
10分前くらいに雲は下がって、山頂が出たり隠れたりを繰り返していました。
直前に山頂がハッキリ現れて、何とか形になりました。
ダイヤ後は 2~3枚撮る間だけ待ってくれて、すぐに隠れてしまいました。

2011年3月28日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る