湘南平から見たダイヤモンド富士

今年はなかなか冬から解放されませんが、今日は春の陽気、日差しタップリで昼間は上着のいらない暖かさでした。
ただ、空は白っぽく霞んでいました。

平塚から湘南平行きバスの終点、高麗山公園西端の湘南平です。
関東の富士見百景に選定されており、レストハウスの展望台からは 360°のパノラマが楽しめます。東に江ノ島、三浦半島、房総半島、南は大島、伊豆半島など相模湾を一望でき、西には箱根、富士山、北に大山、丹沢山塊、さらには遠く新宿副都心の高層ビルまでが見渡せます。
「恋する二人の名前を書いた南京錠をテレビ塔展望台の金網にかけると、一生別れない」 という噂があるそうです。

西の空は霞んで様子が全く分かりません。それでも 10分前には山頂から微かに見えだしました。ただ、後に山頂の少し上までの雲が有りました。
幸い薄い雲は太陽の光を遮るほどではなく、却って撮りやすいダイヤになりました。
ダイヤ後は 10分ほどで消えてしまいました。

風を遮るものがなく昼間の暖かさが嘘のような寒さだったので早々に引き上げました。
帰りは坂道を下って上万田まで行かないとバスが有りません。

2010年4月6日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る