白糸台4丁目から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
日本海側の大雪、西日本の低温、太平洋側の乾燥が続いています。オーストラリアの豪雨やインドの低温、昨年はロシアや日本の記録的猛暑。WMOが昨年夏以降活発化している、南米ペルー沖の海面水温が低くなるラニーニャ現象が観測史上、最大規模とみられると発表しました。5月初めまで続くようです。

午前中は日差しが届きますが、午後は雲が広がってニワカ雨やニワカ雪あり。という予報でしたが、昼過ぎに一時的に雲が広がっただけで、すぐに青空が戻ってきました。山中湖のカメラでも同じように雲は消えていました。
ギリギリまで待って時間的に一番近い白糸台に向かいました。
京王片倉駅では富士山は雲の中でしたが、すぐ上は少し青空が見えていました。

武蔵野台駅の少し南にハケ道があります。それを数分西に行くとナビオコンピュータ武蔵野寮の脇に駐車場があります。

真っ黒な雲の下から太陽が現れ、山頂らしきところに沈んでいきました。右の稜線がハッキリしてきたのは、半分以上沈んだ頃でした。

 
   
2011年1月26日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る