多摩川、新多摩川大橋から見た空振りダイヤ

2016年2月14日
写真をクリックすると拡大します。
急速に発達している低気圧に向かって南から暖かい風が流れ込んでいる影響で、関東地方は風が強まり、気温が上がりました。気象庁は14日午前11時、「関東地方で春一番が吹いた」と発表しました。関東地方の春一番は去年は発表されておらず、おととし3月18日以来だということです。上着要らずの汗ばむ体感で、5月並みの陽気、練馬では24.8℃とほぼ夏日でした。

雨は朝のうちに上がり、天気が回復して青空が広がってきたので、多摩川へ行きました。第三京浜の新多摩川大橋の袂です。
左にマンションが有りますが、見晴らしの良いところです。富士山は対岸の丸井の左に見えます。この辺りまでは多摩川通りと土手が別なので、安心できます。

午前中からずっと御殿場から山頂までの雲が取れませんでした。ポイントでは、雲は西の空全体に広がっていました。

残念ながらダイヤ時より太陽半分ほど早く、雲の中へ消えていってしまいました。

撮影場所

360°パノラマ