真名瀬から見たダイヤモンド笠雲

写真をクリックすると拡大します。
ホップ(7日は寒い冬の気温)、ステップ(8日は朝は冷え込みましたが、昼間は春)、ジャンプ(今日9日は春本番の陽気)で暖かくなってきました。ポカポカ陽気でどこも桜が満開です。

今日はバスを降りたところがポイントの真名瀬(しんなせ)です。富士山の手前に名島(菜島)の鳥居と裕次郎灯台が見える、三浦半島の名勝地の一つで、いつにも増して大勢のカメラマンが集まりました。

上空は青空が広がっていましたが、西の空は霞んで全く様子が分かりません。
時間と共に霞は薄くなってきましたが、雲が有るようでもあり、山頂付近は靄だけのような雰囲気でもありました。待つしかありません。

ダイヤ時の少し前に太陽は雲の中へ沈み始めました。直後に稜線が見えだし、次第にハッキリしてきました。太陽は笠雲の中へ消えていきました。
約10日で3回、笠好きになった富士山にも困ったものです。

2012年4月9日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る