多摩川、関戸橋から見たダイヤモンド富士

2015年1月23日
写真をクリックすると拡大します。
冬型の気圧配置は西から緩んで、移動性高気圧が東進。天気は回復して日差しが届きました。気温は3月中旬並みに、12℃まで上がりましたが、北風が吹いて、体感はそれ程でもありませんでした。

昨秋、あまりスッキリしたダイヤではなかったので、もう一度、関戸橋へ行きました。京王線鉄橋との間の多摩川左岸です。
京王線寄りにしたので、富士山は架線の柱の間です。雑然としていますが、電車と一緒に撮り易いので、ここにしました。

京王片倉駅では、丹沢の上に大きな雲が横たわっていましたが、幸い道志には雲が出ていなかったので、富士山はハッキリ見えていました。

山頂には雪煙が舞い上がっていましたが、空気が澄んでいて、太陽光も強かったので、問題はありませんでした。

夕焼けはそれ程焼けませんでした。
ビルに灯りが点る頃には、水面が少ないので分かりにくいですが、まずまずのブルーモーメントが見られました。

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る