清後-北(大堰)から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
引き続き東に進む高気圧圏に入っていて、晴天で日差しが強く、昼間は半袖で十分でした。午後になると前線からの薄雲が広がってきました。

今日は久しぶりに御殿場へ向かいました。清後(北)の一番後ろ、竜良川脇の田が、波静かだったので、声をかけて、そこの畦に三脚を置かせて頂きました。

御殿場線の車窓からは、山頂付近に邪魔な雲が見えましたが、それも消えていました。
ただ、上層の薄雲は全天を覆っていました。
待っている間に風が強まり、水面が波だって富士山が映らなくなってしまいました。
幸い後ろの田が代掻き中で、水が浅いので波立っていませんでした。ダイヤ時の少し前に作業が終わったので、お断りして三脚を置かせて頂きました。(こちらは大堰です。)

高度が高いうちは元気だった太陽ですが、高度が下がるほど、パスが長くなり行路の雲の厚みが増して、光が弱くなってしまいます。
沈み始めて暫くすると輪郭が分からなくなるほどでした。

2012年4月29日
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る