菊名桜山公園から見たダイヤモンド富士

2013年10月12日
写真をクリックすると拡大します。
太平洋高気圧の勢力が強く、季節外れの暑さが続きました。全国57地点で真夏日を記録、都心も31.3℃を記録して、1875年の統計開始以来、11日に、98年振りに更新した、最も遅い真夏日を更に塗り替えました。この暑さで亀戸中央公園ではソメイヨシノが開花したそうです。
昼間は気温が上がって半袖で過ごせましたが、夕方からはグッと気温が下がりました。

今日は菊名桜山公園へ行ってみました。菊名駅から坂道と階段を登って10分強で着きます。
富士山の周りの様子が分からなかったので、視界が開けた公園の西の端で撮りましたが、ここのベストポイントは階段の上です。

昨日とほぼ同じで、上空は良く晴れていましたが、丹沢から富士山にかけては、雲が横たわっていました。昨日と違ってダイヤ時刻が近づいても雲は撮れませんでした。
途中何度か雲間から太陽が顔を出しましたが、1分前になっても山頂は隠れたままでした。

太陽が山頂付近の雲を溶かしながら進んだように、山頂に達すると奇跡的に雲が消えてくれました。
霞が強くて稜線はシャープに出ませんでしたが、その分撮りやすいダイヤでした。
靄が濃かったので夕焼けはイマイチでしたが、小焼けはまずまずの染まり方でした。

1分前の雲

撮影場所

大きな地図で見る