酒匂川、酒匂橋から見たダイヤモンド富士

2014年5月1日
写真をクリックすると拡大します。
この時期に吹く涼しい南風は、湿気が多く雨を伴うことが多いので、「筍ながし」と言うそうです。

のんびりと居座って、各地に大雨を降らせた、低気圧や前線が東の海上へ去り、次第に天気が回復しました。雨は早朝で止み、昼間は日差しが届いて、気温も急上昇、八王子は、25.4℃で初夏日になりました。
夕方は上空の寒気を伴った低気圧の影響で、天気が急変する可能性があるという、嫌な予報でした。

午後になると、小田原のライブカメラだけが富士山を写していたので、酒匂橋へ行ってみることにしました。国府津または小田原から、酒匂中学までバスで行けば、バス停から数分です。
明神ヶ岳の北斜面に、下がかなり隠れていますが、富士山が見えます。

車窓からは富士山は確認できず、明神ヶ岳に雲がかかっているのが気になりましたが、良く晴れていたので、ポイントまで行ってみました。
橋の上からは雲の右に富士山が見えていました。

待つ間に雲が湧いてきて、沈み始めは太陽の邪魔をしていましたが、すぐに南へ流れてくれたので、事なきを得ました。
PM2.5も花粉も少なかったのに、久しぶりに光環付きのダイヤになりました。

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る