坂浜聖ヶ丘橋から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
晩秋の雨は北日本へ移動。朝は多少雨が残りましたが、昼間は日差しが戻り、気温も上昇。暖かい陽気になりました。

夕方の予報は微妙でしたが、近くなので出掛けることにしました。
聖蹟桜ヶ丘からバスで東部団地まで行き、多摩大学脇の階段を登るとKDD西東京中継所横のポイントがあります。この辺で中央に沈みますが、送電線が気になるのと紅葉を一緒に撮りたかったので、また半日遅れになりますが、坂浜聖ヶ丘橋にしました。
尾根幹線道路に架かる橋で、紅葉した街路樹と中央分離帯のススキが綺麗です。正面によこやまの道の東端、多摩東公園にある弓の橋が見えます。富士山は右の丹沢の上です。

諏訪団地が建て替え工事中で、やたらクレーンが目につきます。最高で14階建てに高層化されると、場所によっては景観が変わるかもしれません。

京王片倉駅では丹沢から道志にかけて雲があり、富士山は勿論、大室山も見えませんでした。
ポイントに着いた時には、雲はほぼ消えていました。

帰り掛けに階段の上で、まだ富士山が見えていたので、一枚撮って帰りました。三脚を出すのが面倒だったので手持ちです。カメラを電柱に押しつけて、4秒間ジッとしていました。

2012年11月12日 KDD西東京中継所
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る