南千石橋から見た空振りダイヤ

2017年2月15日
写真をクリックすると拡大します。
2月後半は西から段々高気圧が到来して、冬型の気圧配置が緩み、穏やかな晴天でスタートしました。空気はヒンヤリしても昼間は日差しの温もりが感じられ、ほころび始めた花や鳥のさえずりに春の息吹が感じられました。

今日は砂町運河の第二貯木場に架かる南千石橋にしました。新木場から南千石橋北詰までバスを利用すれば、すぐです。
両側のビルに視界を遮られますが、それでも、大江戸温泉物語からレインボーブリッジまでの範囲が見渡せます。

西の空には大きな雲が有りましたが、その下はまた青空が広がっていました。残念なことに、富士山の周りだけ、丁度山頂を隠す高さの雲が有りました。

多少上下して、山頂が見えることもありましたが、太陽が沈み始めたのは、雲の中でした。途中一瞬山頂の一部が見えたようですが、残念な結果に終わりました。
富士山の全容が現れたのは、小焼けが始まる頃でした。

撮影場所

360°パノラマ