江戸川、六兵衛の渡し跡から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
昨日は気温が 23.7℃まで上がり、12月としては2004年に次いで観測史上2番目の高さでした。今朝は一転して、4℃まで冷え込んでいました。それでも昼間は日差しがタップリ、綺麗な青空が広がりました。
富士山は気温が下がったせいか遠くのカメラでもクッキリ見えていました。

空気が澄んで遠くでも見えそうなので、江戸川に行ってみました。江戸川台駅から西に向かって、3~40分歩くと新川第二排水機場が在ります。(最寄りのバス停は、流山ぐりーんバスの北1号公園前です。)階段を登ると六兵衛の渡し跡の碑があります。
展望は良いのですが、利根運河より下流の江戸川は何処も送電線が邪魔になります。送電線の一番垂れ下がったところに富士山が見える位置にしたら、少し右寄りになってしまいました。

期待とは逆で西の空は霞んでいました。太陽が半分近く沈んでも、まだ、稜線がハッキリしません。
ダイヤはイマイチでしたが、夕焼けの頃には富士山もクッキリ、宝永山や丹沢まで綺麗に見えます。いつものことですが、東京の東側に来ると空が真っ赤に焼けて綺麗な夕焼けが見られます。

(送電線を一部消去してあります)

2010年12月4日 送電線の様子  
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る