大堰から見たダイヤモンド富士

2017年4月25日
写真をクリックすると拡大します。
夜には移動性高気圧から北からの前線へ主役が交代しましたが、夕方までは踏ん張ってくれて、晴天が続きました。

小山のTさんが様子を見に行ってくれ、田に水が入っているとのことだったので、久しぶりの御殿場にしました。
御殿場のスタート地点に近い大堰です。この辺りの田はほぼ水が張られていました。風が強く、水面が波立っていたので、静かな田を探しました。電線は入りますが、防風林の傍の田が良かったので、地主さんにお断りして、ここにしました。

松田では山頂が見えていたのに、駿河小山の駅では、山頂が雲で隠れていました。
ポイントへ向かう間に、雲は上昇して、山頂が見えてきました。
その後、雲は消えてくれたので、今年初めてのダブルダイヤが期待できました。

徐々に背後の雲が厚くなり、太陽が山頂に近付いた時には、自分の影も消えるほど輝きを失ってしまいました。
ダイヤの間は少し薄くなり、辛うじて光芒も見られました。

撮影場所

360°パノラマ