小山富士見橋から見た空振りダイヤ

2018年4月4日
写真をクリックすると拡大します。
30分前の雲
前線の南側は暖かい空気が残り、大月の29.1℃を筆頭に、全国227地点で夏日を観測しました。都心でも26.2℃まで上がり、平年より23日早く、今年初の夏日になりました。

夕方の予報は芳しくありませんが、最後のチャンスなので、小山の富士見橋へ行きました。鮎沢川に架かる橋で、春は桜と一緒に撮れます。

今日も春霞が濃く、途中では富士山は見えませんでしたが、駿河小山ではバッチリ見えていました。御殿場でも同じで、期待が持てました。駿河小山に戻ったときも大丈夫でした。
ところが、橋に着いてみると様子が一変していました。僅か10分足らずの間に、雲が増えて富士山が見えなくなっていました。

ダイヤ時刻までには、雲は減ってくれましたが、直前に右の雲が伸びてきて、再び太陽が隠れてしまいました。幸い途中でスリットが開き、太陽が見えてきました。ただ、山頂は最後まで現れず、残念な結果になりました。

ダイヤ前の様子
(この後雲が‥…)


    
撮影場所

撮影場所

360°パノラマ