大和田緑地から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
北極の寒気が直接日本にまで張り出していて、1月下旬の真冬の寒さでした。北陸はドカ雪、都心でも1.2℃で初霜、八王子は-4℃で鉢の受け皿に氷が張っていました。この寒さも昨日今日がピークのようです。湿度20%の乾燥した冬晴れで、冷たい風が吹いて、温もりが奪われてしまいました。

山中湖に雲が多かったので、遠出せずに散歩がてら大和田緑地へ行ってみました。高台へ登る階段の途中で、視界は広くありませんが、八王子の街並みの向こうに富士山が見えます。今は丁度紅葉の時期で綺麗に色付いています。

着いた時には富士山の付近だけ雲があり、その中に隠れていました。
直前に漸く雲が取れて、山頂から御殿場方面へ高く舞い上がった地吹雪が流れているのが見えました。
これで一安心‥…?
そうは問屋が卸してくれませんでした。太陽が沈み始めると、また、雲が悪戯を始めました。
山頂の一部が見えたり見えなかったりのダイヤになってしまいました。

2012年12月10日 直前の様子 電線消去前
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る