北大谷古墳から見たダイヤモンド富士

2013年12月16日
写真をクリックすると拡大します。
昨日東京で初霜を観測しました。今朝は冬型の気圧配置が次第に緩んで、4日振りに最低気温がプラスになりました。
師走後半は晴れて青空スタート。相変わらず、空気はカラカラに乾燥しています。
西からやってくる前線に、南岸低気圧が発生して、そのコースによっては、水曜日に雪が降るかもしれません。

午後空を見上げたら、全天薄雲に覆われていました。ただ、太陽は元気だったので、大谷町へ行ってみました。
バイパス大谷でバスを降りて、高台に上がると一面に畑や空き地が広がっています。農道を小宮公園の方へ10分ほど行ったところにポイントがあります。
高尾山のダラダラと伸びた斜面の上に富士山が見えます。紅葉もほぼ終わりですが、枯れ葉も写真では綺麗な黃葉に見えます。

富士山の背後には雲が横たわっていましたが、幸い山頂の上はそれ程厚みが無く、太陽が輝きながら沈んで行きました。沈むに従って、辛うじて輪郭が分かる程度にまで、弱々しい光になりましたが、何とかダイヤになりました。

   

撮影場所

大きな地図で見る