大平山から見たダイヤモンド富士

今日も冬型の気圧配置が続き、昨日以上に寒い日で、富士山はどこから見てもクッキリ見えました。

午後になっても富士山が見えていたので、道志道のポイントを二里塚→椿大橋→谷相→釜の前と確認しながら二十曲峠まで行ってみました。

少し休んだ後今日のポイント、大平山に向かいました。
登山口から車でゆっくり登って約20分で山頂に着きます。
(狭いガタガタ道で乗用車では無理です)

山中湖の向こうに富士山が両裾の先端まで見え、その右に南アルプスの山々、反対側は相模湾や三浦半島がハッキリ見えます。

左中腹の御殿場方面の雲が若干気になりましたが山頂を隠すほどでなく、綺麗なダイヤになりました。。。

山頂は風を遮る物がなく、気温は氷点下3℃、体が寒さに慣れていないこともあり、厳しい撮影でした。

2008年11月20日 二里塚 椿大橋 二十曲峠
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る