大子山北から見たダイヤモンド富士

2018年6月3日
写真をクリックすると拡大します。
梅雨前線は南岸に停滞、本州は移動性の高気圧圏内で晴天。日差しが届き、昼間はカラッとした暑さでした。

久しぶりに御殿場へ行ってみました。御殿場富士公園線(県道23号)にある大胡山バス停北の田です。両側を林に囲まれ、後は住宅なので、いつも静かな田です。但し田植えから大分経っているので、稲が育って逆さ富士はハッキリしません。

八王子では確認できませんでしたが、御殿場線では雲の前に両裾が見えていました。御殿場では、中腹に雲を棚引かせた富士山がハッキリ見えていました。背後の雲が厚そうだったので、早い時間に沈む上へ向かいました。中畑辺りから、山頂付近に雲が湧き出し、桜公園ではすっかり隠れてしまいました。急いで大胡山まで戻りました。山頂の雲は消え始めたので、期待して三脚をセットしました。

太陽は消えることなく無事に、山頂までたどり着きました。輪郭が滲んで、少し大きめの太陽になってしまいましたが、良しとします。

(今年は周りに電気柵が張ってありました。柵の電線は消してあります。)

ダイヤ後のバス停
撮影場所 オリジナル

撮影場所

360°パノラマ