龍宮城裏から見たダイヤモンド富士

2013年9月27日
写真をクリックすると拡大します。
朝は今シーズン一番の冷え込みでしたが、午前中は、「秋天一碧」、台風20号がもたらした湿気の少ない、爽やかな秋の空気で、青空が広がり、遠くからも富士山がクッキリ見えていました。

昨日は台風一過の晴天を期待して市原の米沢の森へ行ってみましたが、台風の速度が期待したほど速くならなかったのと、遙か南の海上を進んだので、雲を連れて行ってくれませんでした。
今日は日本晴れだったので、期待して富士山を見に、米沢の森へ行ってみました。着いたときには心眼で見えていましたが、30分ほどで隠れてしまいました。

今日のポイントはアクアラインの終点、木更津金田の南にある龍宮城裏の海岸です。丹沢の左、横浜の上辺りに富士山が見えます。

西の低い空にはかなり厚そうな雲があって何も見えませんでした。ただ、太陽は輝いていたので、半分期待して準備しました。
時間が近づくと少しずつ様子がハッキリしてきました。山頂付近を厚い雲が棚引き、その下に両裾が見えてきました。
雲は丁度山頂の高さで、太陽が沈むときに辛うじて山頂が確認できました。

畔戸漁港 米沢の森(イメージ)

撮影場所

大きな地図で見る