新羽高校から見たダイヤモンド富士

2014年2月26日
写真をクリックすると拡大します。
朝晩は冷え込みましたが、昼間は暖かい日差しが降り注ぎ、春を感じる陽気になりました。また、雪解けが進み、南北方向の道では殆ど無くなりました。

気象庁は、今年はエルニーニョ現象が発生して、北日本は冷夏になるかもしれないと発表しました。

今日もPM2.5の濃度が高く、北京で500μg/m3、東京でも51μg/m3を観測しました。新潟(123μg/m3)、大阪等少なくとも11府県では注意喚起情報が出され、外出などを控えるよう呼びかけました。この状態が金曜日辺りまで続くようです。

新羽町の大熊町、川和町との境付近の高台に新羽高校が在ります。西側のテニスコート付近の斜面の上がポイントです。右に鉄塔が並んでいますが、眺望がきく場所で、大山の右の凹んだところに富士山が見えます。

昨日以上に空が霞んでいて、富士山は勿論、丹沢も見えません。太陽は丸いまま下りてきたので、どうやら雲は無さそうです。
それでも数分前にはシルエットが見え始めました。
靄の中に山頂付近だけが浮かび上がったダイヤでした。半分ほど沈んだ頃には太陽の光も弱々しくなり、ダイヤ後はすぐに靄の中へ消えてしまいました。

   

撮影場所

大きな地図で見る