二の岡2号線から見たダイヤモンド富士

2016年6月2日
写真をクリックすると拡大します。
上空に強い寒気を伴った低気圧が北日本を通過し、今朝北海道や奥日光で、季節外れの雪が降りました。
日差しが届きましたが、北風がピューピュー吹き、暑さは幾分控えめで過ごしやすい体感になりました。

朝から晩まで晴れマークがずらり、一週間振りのチャンスです。
架線に物が飛んできて、東海道線が止まってしまいましたが、別ルートで無事御殿場に到着しました。

富士山は松田では雲の中、駿河小山では雲間に山頂が見えましたが、御殿場方面は雲が多そうでした。
駅では山頂に雲がかかっていたので、二の岡の林道入口にしました。138号の深沢辺りでは雲の上に顔を出していました。

着いたときには、左右に高い雲はありましたが、山頂はスッキリしていました。
その後北風に流された雲が、山頂を隠したり、通り過ぎたりを繰り返していました。
ダイヤ時刻直前に雲が湧き、山頂も太陽も消えてしまいました。
山頂にタッチするときには、窓が開きましたが、すぐに閉じてしまいました。運良く、それも僅かの間で、その後は太陽が元気に沈んでいきました。

撮影場所

360°パノラマ