林道二の岡2号線から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
5月の落雷が全国で約73万回と昨年の7倍以上に達して、2000年以降で最も多かった。また、東京で雷が鳴った日は6日で、例年の1.4倍、銚子の7日や水戸の8日は史上最多でした。偏西風が大きく南に蛇行して寒気が入りやすかったため、暖かい地表との気温差が大きくなり、大気の状態が不安定になって、積乱雲が発達したためのようです。この所為で例年に比べてダイヤのチャンスが極端に少なくなってしまいました。
そろそろ入梅ですが、今年の梅雨は短期集中型で、梅雨入りは例年並みですが、梅雨明けが早いそうです。チャンスが増えるかもしれません。

今日は高気圧に覆われ、梅雨前線は南へ下がったため、日差しが届き、半袖日和の汗ばむ陽気になりました。久しぶりの太陽でダイヤが期待出来ました。が‥…、午後になると空高い所に薄雲が広がってきました。

道中太陽は雲に邪魔されながらも輝いていましたが、富士山は見えませんでした。御殿場について、246からも同様でした。雲の上に山頂が顔を出すことを期待して、林道二の岡2号線に向かいました。

着いて暫くすると着いて暫くすると、期待通り山頂が現れました。その後雲は次第に消えて、中腹に棚引く雲は残りましたが、富士山全体が見えるようになりました。
厚そうに見えた上層の雲も、思ったより薄かったようで、山頂に触れる頃まで、太陽も確認出来ました。
また、よく見ると太陽の周りにハロも出ていました。

2012年6月4日 直前の太陽
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る