二の岡2号線から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
梅雨の中休みで太陽が復活、ジリジリと気温が上昇しましたが、この時期にしては珍しく、湿度 35%でカラリとした陽気になり、それ程汗をかかずに済みました。

深沢東で乙女道路から分かれて箱根スカイラインに向かう県道 401号に林道二の岡 2号線が突き当たる丁字路付近が今日のポイントです。温泉会館から 20分程で着きますが、夕焼けまで待つと帰りのバスが無くなります。
標高 645mの高さから御殿場市街を見下ろせ、左下には平和公園のパゴダも見えます。良いポイントですが、何度チャレンジしても撮れません。

1時間半ほど前に着いた時には、富士山はまだ雲の中でしたが、上空は青空が広がり、手前の雲は山頂付近までの高さでしたので、多少期待が持てました。
30分程前には左右の稜線も見えるようになりましたが、山頂付近の背後の雲は手強そうでした。上昇気流に乗って黒し雲の帯が次々と山頂を通過していきます。どのタイミングで太陽が沈むかは運任せです。

数分前には満月のように丸く見えていた太陽ですが、沈むタイミングが悪く、輪郭は雲に潰されてしまいました。
期待した夕焼けにも振られてしまいましたが、梅雨時にしてはまずまずの成果です。

2011年6月6日 満月のような太陽

(ダイヤ数分前)
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る