多摩川、二ケ領上河原堰から見たダイヤモンド富士

2014年2月2日
写真をクリックすると拡大します。
前線を伴った低気圧が日本列島を通過して、昼頃までは雲が多い空でしたが、その後は天気が回復し、山中湖のカメラでも富士山が綺麗に見え始めました。午後は前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、季節外れの暖かさになりました。

期待できそうでしたので、比較的近い多摩川へ行ってみることにしました。二ケ領上河原堰の少し上流です。多摩丘陵の上に富士山が見えます。

家を出る時は青空が広がっていました。京王片倉駅では丹沢もやっと見えるほど霞んでいました。
京王多摩川駅を降りた時には、いつの間に広がったのか、全天が雲に覆われていました。
多摩川の土手からは、雲の下は明るかったので、ポイントまで行ってみました。

待っていると、黒い雲の下に太陽が元気に顔を出し、直前には富士山のシルエットも浮かび上がってきました。
霞が強かったのですが、雪煙のおかげで、稜線も分かります。
ダイヤ後暫くすると、靄に紛れて見えにくくなってしまいました。

   

撮影場所

大きな地図で見る