荒川、新倉橋から見たダイヤモンド富士

2013年12月25日
写真をクリックすると拡大します。
クリスマスの今日は、冬型の気圧配置が緩み、西から移動性高気圧に覆われてきました。朝は真冬の寒さでしたが、昼間は日差しが届いて日向ではホッとできる穏やかな陽気になりました。
気象庁から3ヶ月予報が発表されましたが、この冬は寒そうです。特に東日本は、かなり寒くなるようです。

今日は午後になっても、雲一つない冬晴れが続いていましたが、気温が上がった分、西の空は多少霞んでいました。

昨日のリベンジに玉葉橋も考えましたが、久しぶに、新川岸川に架かる新倉橋付近の荒川右岸へ行ってみました。
左岸では彩湖を入れて撮れますが、送電線が邪魔をします。こちら側では富士山は送電線の下です。
福祉の里入口か和光高校から10分程度です。

中央線の車窓からは、昨日より霞んでいましたが、富士山はしっかり見えていました。ポイントに着いた時にも心眼でシルエットが確認できました。
この時期にしては、靄が濃く、撮りやすいダイヤになりました。
富士山はずっと見えていたので、夜景まで楽しめました。

(送電線は一部消去してあります。)

   
ダイヤモンドバット
オリジナル

撮影場所

大きな地図で見る