新橋(東)から見たダイヤモンド富士

今日は二十四節気の「大暑」で、暦通り、太陽がギラギラと輝き、厳しい暑さ。3年ぶりに3日連続の猛暑日になりました。

連日の御殿場通いです。
駿河小山から足柄にかけては雨が降っていましたが、幸い御殿場は晴れていました。
138号の鮎沢交差点から鮎沢公民館の前を竹の内橋に向かうとその先が今日のポイントです。
田圃の先の林の上に富士山が見えます。

富士山は全く見えませんが、低い雲だけなので、気温が下がれば消えそうです。
10分程前に雲は消えましたが、何故か見えるはずの富士山が現れません。
直前になって山頂付近が微かに見えだしました。稜線は最後までハッキリしません。御殿場でこんな霞んだ富士山は滅多に見られません。

ダイヤの時だけ下に下がっていた雲が上がってきてすぐに富士山を覆ってしまいました。
10分くらい隠れていた富士山が再び現れたときにはクッキリと見えました。
夕焼けは帰る途中の新橋の駐車場です。



(新橋)

2010年7月23日
Google Earthで見た撮影場所の地図

写真をクリックすると拡大します。


撮影場所


大きな地図で見る