明神峠南から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝晩はヒンヤリ、昼間は日差しが届いて爽やかな秋晴れになりました。季節の変わり目で、一日の気温差が大きい時期です。

また、県道147号・山中湖小山線へ行ってみました。ヘアピンカーブから明神峠までは、富士山の見える場所が数カ所有ります。その中で、大きなカーブを曲がりきった付近が今日のポイントです。
生い茂った葉で視界は狭められますが、樹木の間から富士山が見えます。

出掛けの片倉駅でも富士山が良く見えました。秋の澄んだ空の始まりのようです。
上大井付近からもクッキリ見えましたが、背後の雲が山頂の少し上まであるのが気になりました。近くでは高度が下がって見えます。
駿河小山では心配した通り、雲は富士山の背後にありました。

雲はだんだん暑くなってきましたが、幸い黒い雲は山頂から離れてくれたので、何とかダイヤになりました。
雲が厚く夕焼けにはなりそうもないので、早めに引き上げました。
気温が下がって雲が薄くなったせいか、電車を待っている間に綺麗な夕焼けになりました。

2012年9月26日 駿河小山駅

Google Earthで見た
撮影場所の地図
片倉駅

撮影場所

大きな地図で見る