明神峠下から見たダイヤモンド富士

2015年10月3日
写真をクリックすると拡大します。
台風21号の名残の爆弾低気圧はサハリンを北上、ゆっくりと日本から離れていきました。東日本は次第に高気圧に覆われて、穏やかな秋晴れになりました。朝は冷え込みましたが、昼間は秋を満喫できる陽気でした。

雲が取れ、富士山も見えだしてきたので、小山へ行ってみました。御殿場・小山の最後のポイント、明神峠下です。
急な坂道で、富士山が傾いて見えます。

途中、富士山はずっと見えていました。小山でも背後に雲が有るものの富士山は顕在でした。
20分ほど前に着いたときには、背後の雲も消えて、絶好のダイヤ日和になっていました。
10分前頃一寸目を離した隙に、雲が湧いて富士山は隠れてしまっていました。
雲はすぐに上昇してくれたので、一安心です。ところが待つ間に、再び山頂が隠れてしまいました。

幸いダイヤ直前に雲が離れてくれたので、沈み始めは、山頂も見えていました。が、途中でまたまた雲に邪魔されてしまいました。
終わった後すぐに、何事もなかったように、雲は消え綺麗な富士山になりました。
久しぶりのダイヤでしたが、早い雲の動きに翻弄されてしまいました。

ダイヤ前の雲の動き
9分前 5分前 3分前 1分前

撮影場所

360°パノラマ