向ノ岡公園から見たダイヤモンド富士

写真をクリックすると拡大します。
朝起きたら 3℃、寒気と放射冷却のためキーンと冷え、今季一番の冷え込みでした。
富士山は近くのカメラでは山頂が雲で覆われていましたが、横浜からはハッキリ見えていました。

予報では夕方から曇りですが、ダイヤ時までは何とか保ってほしいと願いつつ家を出ました。
聖蹟桜ヶ丘から川崎街道のダラダラ長い坂道を上り桜橋の脇の階段を登ったところが向ノ丘公園です。
階段の上がポイントで、街並みの向こうに黍殻山を抱いた富士山が見えます。

西の空は黒い雲が有りましたが、下は比較的明るく期待できそうです。
着いた頃には山頂から左は雲で見えませんでしたが、右の稜線は見えていました。大山の上に彩雲も見えます。
時間が近づくと低い雲は小さくなり山頂が現れました。ただ、手前の雲は取れても背後の雲はそのままでした。
天気予報通り暫くすると雲が増え、富士山も隠れてしまいました。

2010年11月16日  
Google Earthで見た撮影場所の地図

撮影場所

大きな地図で見る

360°パノラマ

大きな地図で見る