森戸神社から見た空振りダイヤ

2013年4月9日
写真をクリックすると拡大します。

南風が吹いて、気温が上昇、昼間は日差しがタップリ降り注ぎ、春のポカポカ陽気になりました。気温が上昇してヒノキ花粉が飛びやすく、また、午後から明日にかけては、中国からの黄砂もやってきます。

今日は三浦半島でも人気が高い真名瀬ですが、昨日の森戸海岸の人出の様子を聞くと、もっと混雑しそうなので、近寄りがたく、半日遅れですが森戸神社にしました。
富士山の右に大きな千貫松の岩、左には小さく、名島の裕次郎灯台や鳥居も見えます。

西の空には帯状の大きな黒い雲が横たわり、その下にも雲が有って、富士山は全く見えません。下の雲は動きが早く、時々右裾が見えたり、山頂付近に窓が開いたりしていました。
太陽が沈み始めると窓が大きく開きましたが、下の雲が山頂の少し上まであり、ダイヤは空振りでした。

撮影場所

大きな地図で見る